So-net無料ブログ作成

ワタミ 店員がガリガリに!?そのブラックさとは? [芸能]




スポンサーリンク


watanabe-mi.jpg
https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator


社長が参議院議員である渡邊美樹氏が務め、
その「ブラックさ」「店員がガリガリ」で有名な企業「ワタミ」が、
上場後初の赤字をたたき出したことが話題になっていますね。

※上場というのは株式や債券などの有価証券や商品先物取引の対象となる商品を市場において売買可能にすること。


この赤字の理由に

・人気不足による人手不足による店舗閉鎖
・居酒屋の不振

が上がっています。


さらにこの元になったのがやはり
「ブラック」だという事が世間に広まってからです。



またそのホームページには「ガリガリの店員」が映っていた事も有名でしょう。

watami.jpg
http://shunsokuneta.blog.so-net.ne.jp/2013-07-22



ワタミが「ブラック企業」だと言われている理由は

・経営理念
・無理なんてない
・過労自殺

などなど例を挙げればきりがないです。


経営理念には
365日24時間死ぬまで働け
とありました。

この時点で誰も働きたくなくなるのは人間ならわかると思います。



さらに「無理なんてない」というのは
社長の渡邊美樹氏が小説家・映画監督の村上龍氏と対談したときに
「無理というのは嘘吐きの言葉」
と言っていました。


title_4.jpg
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview...

「無理だと思って途中でやめるから無理になるんだ」
「鼻血が出ようとぶっ倒れようと1週間全力でやらせる」
「1週間死なずにやれたのだから嘘だった」
「その後は無理なんて言葉は言えない」


こう語ったときがありました。


個人的に半分は同感、もう半分は同感はできません。

というのは「無理はない」というのには同感します。
日本人はすぐにあきらめぎみですし、
本気で何かに向き合っている人は少ないと思います。


人間が本気でやったら大体の事ができると思います。
人間が作った世界なのですから。


しかしワタミの「無理はない」はちょっと意味が違う気がしますね。
「死ぬ間際」ってことが無理な時なのでしょうか。


私は疲れて集中できなくなったら「無理」でいいと思います。


「何のために働くか」と聞かれれば
「稼ぐため」というのが本音だと思いますが、
お客さんあっての企業です。


居酒屋であったら
「おいしい酒」、「おいしい料理」を提供しなければなりません。


果たして疲れて集中できない体で作った酒や料理はおいしいですか?


おいしくないですよね。
もちろん客には知り得ないかもしれません。


でも以外とお客様というのはわかります。
消費者のプロである訳ですから。


その点で「無理はない」というのは違うと思います。


現にそれが世間にバレたことによって
上場後初の赤字49億1200万を負ってしまっていますよね。


しかも消費者である世間から見放された訳ですから、
何らかの改善をしないと今後右肩下がりで利益が減ると思います。



c8e62fae.jpg
http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/13956



実際にホームページにガリガリな店員さんが、
ワタミで過労させられたことによるものかは本人しか知り得ませんが、
このブラックからして疑われるのは当然です。

話題になった後ホームページからガリガリな店員の画像が消されていますし。



他にも残業代の未払いなどブラックな部分はたくさんあります。
今後どういう風に改善されるのか気になりますが、
一度去ってしまった客を取り戻すのは難しいですね。 ブログパーツ


スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。